日本パデル協会(Japan Padel Association)について

設立趣旨

一般社団法人日本パデル協会(JPA)は2016年6月に『パデルの水準の向上と発展を図ることにより、国民の余暇活動の充実に資するとともに、プロスポーツ選手の社会的地位の向上と発展に寄与する』事を目的に設立されました。

名称 一般社団法人日本パデル協会(Japan Padel Association)
略称 JPA
名誉会長 高橋 陽一(キャプテン翼著者 漫画家)
会長 中塚・アントニオ・浩二(DICO株式会社 代表取締役)
副会長 玉井 勝善(株式会社Padel Asia 代表取締役)
所在地

〒174-0065
東京都板橋区若木

Mail 日本パデル協会に関するお問合せ info@japanpadel.com
理念

(1)パデルの普及促進と日本パデルの水準向上!
(2)アジアのリーダーとしての自覚を持ち
   国際社会における交流及び親善への貢献!
(3)パデルを通じてコミュニティーを創り
   笑顔を創り、日本を元気に!

主たる事業

・全日本パデル選手権及びその他のパデル競技会の開催並びに国内で開催されるパデル競技会の後援又は公認
・パデルに関する国際競技会を開催し、又は国際競技会への代表者の選考及び派遣並びに外国からの選手等の招聘
・パデルに関する公認指導員及び審判員の養成並びに資格認定
・パデルの競技力向上
・パデルに関する用具及び施設の検定並びに公認
・パデル施設の管理運営
・パデル競技の普及及び振興
・パデル競技の調査及び研究
・パデル競技に関する講習会の開催
・パデル競技に関する競技規則の制定
・パデル競技に関する資料収集、保存及び機関紙その他刊行物の発行
・国際パデル連盟及びヨーロッパ・アジア・アメリカパデル連盟に対し、日本パデル界を代表して加盟すること
・その他当法人の目的を達成するために必要な事業