日本パデル協会についてJapan Padel Association

設立趣旨

日本パデル協会は2016年6月に日本のパデルの普及・発展を目的に設立され、2017年7月に世界パデル連盟(FIP)に正式加盟、2030年までに競技人口100万人達成を目指し活動しております。

名称 一般社団法人 日本パデル協会(Japan Padel Association)
略称 JPA
設立年月 2016年6月
所在地 〒174-0065 東京都板橋区若木
連絡先 info@japanpadel.com
名誉会長 高橋 陽一(『キャプテン翼』著者 漫画家)
会長 中塚 アントニオ 浩二(DICO株式会社 代表取締役)
副会長 玉井 勝善(株式会社Padel Asia 代表取締役)
理事 木村 公彦(Petraf合同会社 代表社員 )
髙松 伸吾(株式会社Nexus 代表取締役)
岩本 義弘(株式会社TSUBASA 代表取締役)
法務顧問 紙尾 浩道(日比谷見附法律事務所)
活動内容

(1)パデルの認知向上、普及、振興

(2)ジャパンパデルツアーをはじめとする大会の企画、開催、後援、公認

(3)国際大会の開催、国際大会へ派遣する代表選手選考及び育成

(4)パデル競技力向上、指導者育成に向けた検定や講習の開催

(5)パデル関連事業発展のために必要な事業

3つのビジョン

(1)パデルの普及促進と日本パデルの水準向上!

(2)アジアのリーダーとしての自覚を持ち
国際社会における交流及び親善への貢献!

(3)パデルを通じてコミュニティーを創り
笑顔を創り、日本を元気に!